持てる金額の価値はその人の器次第

学生の頃スクラッチをいつも買う友達がいました。
初めは10枚単位で色んなお店で購入していたのですが、当たらずお金は減る一方でした。
ある日、財布の中には数百円しかなく、スクラッチを1枚買うかご飯を買うか悩んでいました。

友達はスクラッチを選び、削ってみるとなんと1等が当たったのです。
そのスクラッチは100円スクラッチだったので1等でも少額でしたが、友達は一緒にいる子に色々とおごってくれました。
そして、余った分で後日また同じ店でスクラッチを1枚だけ買いました。

すると嘘のようにまた1等が当たったのです。
その友達は同じ方法で何度か購入を繰り返し、2等や3等を続けて当てていました。
その度にみんなで楽しめる事にお金を使ってくれました。

その時、自分の為にお金が欲しいと思っていると当たらないものなのかなと思いました。
私も当たったらみんなで楽しく使えると良いなと思うようになり、宝くじを買うきっかけになりました。
ですが、そんなにうまくいくことはなく、私自身は当たった事がありません。

その分を貯金にまわしていたら、それなりに貯まっているはずなんですが、当選発表までのドキドキ感にはまってしまい今も買い続けています。
宝くじで5億円が当たったら、まず定年後の生活用に2億円貯金します。
そして残りの3億円で小さい頃から夢だった色んな動物に囲まれて過ごせる環境を整え、小さな動物園の様な家で毎日楽しく過ごしたいです。

動物達は捨てられたり、里親に出された子達を集めて、殺処分が少しでも少なくなるように出来ればと思っています。
近所の子供達や、お年寄りが気軽に遊びに来れる様な場所にして、動物とのふれあいと人間同士のコミュニケーションの両方が楽しめる場所になるのが一番嬉しいですね。
人も動物も幸せに暮らせる環境を作るのが夢です。
そして、自分自身が歳を取ってしまったら、介護付き老人ホームに入り、第二の人生を謳歌して悔いのない一生を過ごせると幸せですね。

«
»