季節感のある絵と文章に感動しました

お年玉はがきの当選はあるけど、かもめーるは今まで一度もありません。
かもめーるの良いところは暑中見舞いや手紙を書くきっかけになるところだと思います。
でも、知名度がお年玉はがきほど浸透してなくて、専用のはがきで出す必要があり、出そうかなと思っても実行にうつしにくく、余ったときに郵便局に持っていったりするのが手間に感じます。
また、景品の5万円や切手シートをもらえると嬉しいけど、当選が10万通に1通か1000通に2通と少なすぎる気がします。
当選金額を減らして本数を増やしたり、お中元になりそうな3000円~5000円ぐらいの商品を景品にしてたくさんの人に当たるようにすると楽しめると思いました。
夏場なのでそうめんや、ぶどう、桃、スイカ、扇子、地方特選品などは喜ばれそうです。

日本の伝統や文化は続くか?

もちろんクジがあたってほしくて暑中見舞いを書いて出したり、届いたハガキを当たれあたれ!とながめるわけではありませんが、かもめーるの季節感を出すことができ、楽しめる人も増えるのではないでしょうか。
手紙を出す人が年々減っていますが、手紙を書くきっかけづくりにもなると思います。
かもめーる自体はとても気に入っているので、年賀はがきのようにコンビニやスーパーなどの小売店でも扱ったりともっと身近になってほしいです。

メールよりハガキ かもめ~る(かもめーる)
暑い夏を癒す当せん番号の確認はコチラで速報中。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»