差出人の記載がなく困った

手書きで手紙を書く、郵便を送る行為が最近なくなったと思います。
会社や学校など、住所録がプライバシーの問題で個々に確認するしか個人情報がわからないこの時代、手紙を送るということが昔に比べるとかなり減っていると思います。
個々に連絡先を入手しなければいけない面倒さと、1番はメールが普及し、手軽に老若男女使うようになったことが理由でしょう。
手書きで想いを伝えるということはとても心温まることだと感じます。
メールや電話とは違い、気持ちが伝わりやすく、印象にも残りやすいと思います。
年賀状や暑中お見舞いや残暑お見舞いなど節目にわざわざ文字、形に残すという行為、自分自身大事にしていかないといけないな。と感じています。

なんでもあたりがあると嬉しい

受け取った側の立場であっても可愛い絵柄の手紙や切手などだけでも嬉しかったり、かもめーるや時期によっては別のクジがついているのでもしかしたら当たるかもしれないという楽しみもあり、メールにはない楽しみ方が郵便にはあると思うので、その楽しみがもっとたくさんの人に広まり、手紙を送りあうという行為、想いを文字に残すという大事さを感じてくれる人が増えたらいいなと思っています。
メールが普及されているからこそ、あえて手紙を送りあう楽しみがさらにあると思います。

かもめーるで暑中見舞い
暑中見舞いハガキ当選番号はコチラ
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»