年賀状と違って書くことがいつも一緒

母はとても字も綺麗で文章を見ても素晴らしい文章なのに、いつも私は・・・と感じさせられてしまう暑中見舞い。
でも年々来る数も減ってきているので、もっと普及すればいいのにと思う反面、デジタル化してきているからしょうがないのかなぁと思わされます。
年配の方は続けている方が多いいですが、若い人は全然かもしれません。
送っても返ってこないのが普通でしたし、最近では暑中見舞いはマイナーなのでしょうか?息子の葉書の書き方には年賀状でのことしか書かれてなかった気がしますし、このままでは暑中見舞いはどんどん廃れてしまうのでやはり小さいときはからの認識は大切かと思いますので、ぜひ暑中見舞いの指導を小学生のうちからされればいいんじゃないかなと思います。
確かに年賀状と同様にくじがありましたね。

夏バテ防止

私は全く当たったことがないので、いつも悔しい思いをしています。
年賀状も暑中見舞いもずっと出し続けていますが、いつもなかなか当たらず末の切手シートしか当たったことがない気がします。
暑中見舞いは出しますが、返ってくる数が極端に少ないので当たったことがありません。
いつも発表は楽しみにしていますが、悔しい気持ちばかりです。
買った人へも何かあればいいのにと思います。

かもめ~る(かもめーる)は郵便局で販売
暑中・残暑見舞いのかもめ~るは郵便局店舗と通販で販売中。くじの当せん結果も忘れずチェック。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»