残るものだし気持ちが伝わるところ

手作りで和紙が貼ってあって、今までにもらったことない年賀状がありました。

いろんなデザインの和紙が周りに貼ってあって、真ん中には文字があったんですが、和紙を使うというその発想がすごいなと思いました。
毎年いろんな変わった年賀状をくれる友達なので、今年はどんなだろう?といつもわくわくさせてもらっています。
予想もしない年賀状を送ってくれるので、楽しみにしていました。

その中でも和紙の貼られた年賀状は初めてでした。

プリンタで印刷やハンコなどの年賀状はもらったことがあったんですが、和紙が貼ってあるのは初めてだったので、とても印象的で思い出に残っています。

その友達の年賀状は、今も大事にとってあります。

お年玉付き年賀状は毎年たくさんもらうのですが、今までかつて切手シート以外当たったことがありません。
これって、本当に1等とか当たっている人っているのかな?と思うくらいです。

書き損じで郵便局で交換したりしてるから、もし、その年賀状が1等の年賀状だったりと思ったりすることもあります。
年賀状よりメールで新年のあいさつがくるようになってからは、年賀状の枚数が一気に少なくなってしまい、切手シートすら当たらないこともありました。

年賀状をたくさんもらわないと当たらないのかなと思っています。
いつかお年玉が当たる日がくるとうれしいなと思いながら、来年も年賀状を書こうと思います。

«
»