お家で簡単に手軽にはがき印刷

その昔、お家で簡単に手軽に、はがき印刷が出来るプリントゴッコというものが爆発的に売れました。
その一方で、ほそぼそと愛好者が居ると言われているのが「消しゴムはんこ」です。

今年の夏に、手書きの暑中見舞いを考えている人は、意外に消しゴムはんこは、評判が良いかもしれません。
ちょっと手間ですが、作り方を書いておきます。

まずは図柄ですが、紙を直接書いてもよいですが、難易度が高いのでパソコンで画像を取り入れて印刷してもOKです。
絵柄をトレーシングペーパーに写します。
図柄の上にトレーシングペーパーをのせて、鉛筆でなぞるだけですが、細かい部分は、先の細いシャーペンが便利です。

トレーシングペーパーに写し終えたら、いよいよ消しゴムに転写です。
転写そのものが薄くならないよう、しっかりこすって転写します。
転写が終わると、カッティングマットなど敷いて、消しゴムの余分な部分をカット。
大まかな部分からカットしていき、細かい部分へと移行していきますが、工作用カッターや彫刻刀などを使う綺麗に仕上がります。

ケガをしないように。

転写した際は、鉛筆の跡が付きますので、気になる場合はセロハンテープの粘着面を利用して消していきます。
削り残しを微調整して完成です。
結構ドキドキしますが、成功すると嬉しいものです。

このような絵の消しゴムはんこだと素晴らしいのですが、職人以上のスキルが必要になりそうですね。

実は消しゴムはんこは、ハガキだけでなく、布用インクを使えば洋服やハンカチに押せます。
無地のTシャツに自由にペタッとしてもワンポイントでおすすめです。

消しゴムは何が良いか?
そこまでは調べていませんが、最近は、大きな消しゴムを見かけないので、ネット通販で購入するしかないのかもしれないですね。
これで暑中見舞いや残暑見舞いはがきの作成が楽しみになれば良いですね。

郵便局のかもめ~る(かもめーる)はデザイン豊富
メールで済ませるのも何となく気が引けるなら「かもめ~る」を使ったごあいさつ用ハガキを届けよう。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«