年賀状ではないハガキ

年賀状は確かに少なくなりましたが、絵手紙の要素を摂り入れた年賀状や暑中見舞いなどが増えています。
枚数は少なくなっても、凝ったハガキは増えています。

自分らしさをアピールするには、絵手紙は絶好のツールですね。
簡単なようで、ちょっとしたセンスも必要な絵手紙は、中高年の女性に愛好者が多いと聞きます。
パソコンソフト全盛のハガキの装飾の中にあって、手作業感が丸出しの絵手紙は、返って好感が持てます。

ヘタとか上手などの評価は度外視で、こういう特技もあったのかと、感心したりすることの方が多いですね。
自分らしさを出すなら、やはり手書きです。

そもそも「絵手紙」は、書家を目指していた小池邦夫さんが、1978年に雑誌に発表したのが最初でした。
単純に絵のある手紙という意味ですが、そんなに単純なものではなく、限られたスペースの中で表現する楽しさが良いのでしょう。
出来栄えの良い絵手紙は、部屋に小さなディスプレイとして活躍できます。
作る人の創造力がにじみ出ます。

やってみたいけど、絵心もなく、不器用だからと躊躇する人も多いのでは。

確かに芸術性にあふれて、難しそうなイメージですが、好き勝手に書いてよいわけですから、慣れる以外に上達の道はないでしょう。
学校の授業でも用いられても良さそうですよね。
夏休みの良い思い出を書いて、友人に送ると、きっと喜ばれると思います。

遠慮せずに大胆に書いた作品を、あえて届けてみて反応を知るのもひとつの手です。
話題作りには良いかもしれません。

暑中見舞いなら、夏をイメージさせる青空やビール、花火、夏野菜などが絵の材料になるでしょうか。
涼しげな風鈴は定番なので、あえて避けるのも手です。

言葉は「暑中お見舞い」の一言だけでもいいです。
絵を見せることが最大の特徴ですから、何かを感じてもらう、差出人を思い出してもらうことができれば、目的は達成したと言えるでしょう。
紙と筆があれば出来るのが絵手紙です。

年賀状でも暑中見舞いでも、活躍の場はありますから、チャレンジしてみてくださいね。

年賀状作り
年賀状は新年に欠かせない風物詩ではありません。友人知人と共に新年を祝う文化です。ちょっとしたお年玉も期待。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«