一時期筆ペンにハマって宛名を書いていた

私が学生時代はメールもありましたが、まだハガキを送り合う文化が主流でした。好きな異性に年賀状を送って返って来ないかポストを毎日覗いては凹んで。とてもかわいい甘酸っぱい思い出があります。全然興味のない異性から年賀状が来たり、、名前が間違えて書かれていたり。雨で滲んでいたり。真っさらなハガキに干支とか全く関係のない謎な絵がたくさん書かれていたり、今思い返すとかなり笑えるものが多かったかなと思います。
年賀状が今となってはハガキではなく、ラインでの挨拶に変わったりしていて、今の若い子たちはハガキの文化があまりなさそうで。現物の残らない挨拶でなんだか寂しいような。でも手軽に色んな人に挨拶ができるのはいいのかもしれませんね。大人になった今でも年賀状はやはり届くと嬉しいもので。でも自分宛のものがなかなかこないんですよね、やっときた!と見返してみれば、ショップの案内だったりとかでガッカリしてしまいます。結婚して娘と愛犬と旦那の名前宛で届いたりして、私の名前がなくてちょっとムッとしてしまったりもしてます。なぜ愛犬の名は書かれて私の名はないのだ?と不思議な気持ちでいっぱいでした。かなりネット、SNSでの挨拶が主流化してますが、これからもハガキでのお年賀挨拶はなくなないでほしいものです。

お年玉付き年賀はがき
速報ナビによる恒例お年玉付き年賀はがき当選番号の結果。年賀状の発売日やデザイン、抽選日なども合わせて紹介。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»