写真を加工した面白系になっていたこと

本気で当たるとは全く思っていませんが、秋の初めに「当たればうれしいな~」とわくわく思いながら、番号を確認する作業はけっこう楽しいです。賞金5万円、何に使おう?と手元のかもめーるの番号確認作業が済むまで、ついつい無駄に妄想してしまいます。実現したことは残念ながらないです。
年賀状だと、時々周りの人から当たったという話を聞きますが、かもめーるのくじが当たったというのは聞いたことがないので、マイナーなくじなんだろうなあと思います。

かもめーるは、ちょっとした挨拶をしたい人に送るのに便利だと思います。何かをいただいたお礼や、街角で数年ぶりに再会した友人にあらためてアクセスしたくなったときなどに使ったことがあります。普通のはがきよりも印象に残りやすいし、「くじ」という、相手にちょっとした晩夏の楽しみを差し上げることができて、素敵だと思います。
少なくともくじに当選発表日までは手元にはがきを置いておいてもらえるので、相手がこちらが書いた内容を長く覚えていてくれそうですよね。

夏バテを防ぐご馳走と暑中見舞い

かもめーるという名前も可愛いと思います。あえてすべてひらがな表記にしたことで、柔らかみのある雰囲気を感じます。電子メールやSNSの普及で、状況は厳しいかも知れませんが、できればいつまでも残ってほしいです。

かもめーるで暑中見舞い
くじ付き「かもめ~る」が届いたらコチラのサイトで当せん番号と賞品を今すぐチェック
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«