年賀状届けますか?どんな文面や図柄にしますか?

今年の年賀状、届けますか?どんな文面や図柄にしますか?
毎年の事ですから、惰性になっている可能性もなきにしもあらず。少なくとも年賀状を書く上での基本的なルールは知っておきたいものです。

まず裏書きの基本的ルールは、新年のお祝いの言葉からスタートです。更に「賀詞」を頭に入れ、あいさつやお礼などの謝辞、相手の幸福を祈る言葉、変わらぬ交流を願う言葉、そして日付は必ず入れます。

宛名は、原則として縦書きですね。番地や部屋番号は漢数字、宛名には必ず敬称を付けます。
一般的に個人宛は「様」、会社、団体は「御中」、医師、恩師などに送る場合は「先生」とつけますが、個人的には「先生」は何となく媚びているようで嫌ですね。
「殿」は論外です。

忘れがちなのは、届けていない人への年賀状の返事です。すぐに出しましょう。
返信の際は、お礼や遅れたお詫びなど、一言添えると印象が良いです。

実は調べていくうちに知ったのですが、「賀詞」は相手や関係によって使い分けるのが常識なんですね。
例えば、恩師や取引先には「謹んで念頭のご祝詞を申し上げます」、「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」、「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」が適当です。

会社の上司ならば「謹賀新年」、「恭賀新年」、「新春のお喜びを申し上げます」という具合です。
友人や知人などには「あけましておめでとうございます」、「新年おめでとうございます」、「新春のお喜びを申し上げます」、「賀春」、「賀正」、「迎春」、「謹賀新年」、「A Happy New Year!」など、独自の言い回しでも構わないのでは。

ただし「賀正」、「迎春」、「賀春」などの簡略言葉は、改まった相手には使わないで。失礼になります。

年賀状の基本的な書き方をもう一度見直すのも色々な場面でも役立つことだと思います。

年賀はがき
年賀はがきにはお年玉クジが付いています。抽せん会場の実況中継や当選番号速報はコチラのサイトで確認を。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»