差出人がなくメッセージも汚い

子供の親も、子供が書いた字を読めなくてなんてメッセージが書いてあるのかわからなかったけど、子供が書きたいと言い自分で書いたものであったから、その気持ちだけでも受け取ってほしいと思いそのままその年賀状を出したと聞いた。
その子供の字や字の汚さ、なんで書いてあるか分からないことへの面白さによって、親が書かなければいけない住所や自分たちの名前を書き忘れてしまったらしい。
だいたいこの人だろうという予想がついていたため私は誰からの年賀状か分かったが、差出人が不明の年賀状がたまにあるのは困る。
「お年玉クジ」は毎年地味に楽しみにしており、私の家に届いた年賀状は毎年家族でクジの結果を確認するようにはしています。
しかし、一度も当たった喜びを味わったことはありません。

モノには魅力がある

全国にある年賀状だからこそそう簡単には当たらないだろうなとは思っていますが、いつか当たった喜びを味わいたいなと思います。
年賀状は、そこまで頻繁に連絡を取る相手でなくても送ることができ、年賀状だけで繋がっている人もいるのでそういう点では人との繋がりを維持することができることはとてもいいものだと思っています。
1年会わないかもしれない人にも、今年もよろしくお願いしますという気持ちを伝えることができ、この一言を伝えられるか伝えられないかでは全然違うと思います。

暑中見舞いのかもめ~る(かもめーる)
メールで済ませるのも何となく気が引けるなら「かもめ~る」を使ったごあいさつ用ハガキを届けよう。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»