切手の貼られてないはがきがきた

祖父母は他県に住んでいて、電話でお話はよくしますが、私が仕事などで忙しくなかなか会いに行けません。
私が住んでいるところから遠いので、年に一回会えるか会えないか、くらいの回数しか会えずお互い寂しい思いをしております。
つい最近祖父母の家に遊びに行ったのですが、話のきっかけで祖母が年賀状を出してきてくれました。
その年賀状は私が生まれた時のからあり、なんと28年前のものです。
それから私が今年出した年賀状まで全部とっておいて大事に保管してくれていたのです。
当時私が幼稚園生で平仮名を覚えたての頃、初めて自分だけで年賀状を書きました。
私は全然覚えてなかったのですが、今見てみると、暗号文のような何を書いてあるのかわからない平仮名ばかりでした。
正直一つも読めません。
ただ当時、年賀状を受け取った祖父母がお礼の電話をしてきてくれて「平仮名が上手にかけてるね。
嬉しかったよ」と言ってくれたことだけ覚えています。

ネット時代もハガキは嬉しい

大人から見るとそこまで上手でもなく、むしろ下手な平仮名なのに祖父母の優しさに涙が出そうでした。
その年賀状を見返す祖父母の目は昔と変わらず優しい目でした。
これまでもずっと年賀状をとってくれている祖父母にこれからも毎年手書きの年賀状を出していきたいと思います。

郵便局のかもめーる
メールで済ませるのも何となく気が引けるなら「かもめ~る」を使ったごあいさつ用ハガキを届けよう。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»