宝くじのTVCMで心躍る

もう四半世紀ほど前の話です。学生の頃バイクで事故に遭い、けがの治療や修理のためのお金が相手方の保険から降りました。
最終的にそのお金が10万円ほど残り、運のないお金を持っていたくないと思っていたら、宝くじ売り場が目に入りました。
さすがに全額購入する意気地はなく、最初は1万円分の地方くじをバラと連番で購入しました。結果、3万円ほど当選してしまい、思わぬ臨時収入になりました。

使ってしまおうと思っていたお金が逆に増えてしまうという、運があるのかないのかわからない状態に戸惑いつつ、次はもう少し金額を増やして3万円分の地方くじを買うとまた当選。今度は10万円当たってしまいました。
妙な運のあるお金だな、と思いながら残りの示談金も同様に地方くじにつぎ込み、最終的に総額50万円ほどの当選金を手にしてしまいました。

その当選金で事故に遭ったゲンの悪いバイクを買換え、学生生活をエンジョイしました。

高額当選したら住宅ローンを一括返済して、仕事を辞める。まずこれが第一歩。そのままだと、派手に使って当選がばれてしまいそうなので、それを食い止めたい。
目標は「仕事をせず、無理に他人と会わずに豊かに暮らす。」
いつか使うかも、と取っておいたモノを全部処分。

知り合いの居ない、人里離れた田舎に家庭菜園のできる畑のついた一軒家を購入。周囲には海外に転勤と偽ってそこへ猫と一緒に引っ越し、家庭菜園で自給自足の真似事をしながら、趣味の小説を書いたり、写真を撮ったりしながら暮らす。
そんな生活をしていると、刺激がなくて飽きてくるから、ブログで写真や小説の作品を公開し始め、それが注目され始め、一切プライベートを明かさない作家として活躍する。
そんな人生を送りたいです。

«
»