毎年写真とイラストの二種類を作成します

お年玉クジが末尾さえ一枚も当たらない年は特に思いませんが、例えば当たり番号に惜しかった年などは、実際に当たった時よりもこれからの一年間に期待します!
逆に新年早々、末尾に一枚でも当たってしまうと、一年の運を使い果たした(または半減した)気分になってしまうので(笑)。
年賀状は、普段は特に連絡事項がない限り、連絡しづらい友人知人に対して、自分の近況を気軽に伝えることができたり、逆に近況が知ることができるので楽しいです。
自分に家族ができる前は、友人の子供の写真などもらっても・・・という思いも少なからずありましたが、自分が親となって同じ子供を持つ身になり、友人の子供の成長も楽しみになりました。
特に、家族全員の写真は、友人の近況も目で知ることができるので(あの頃と変わらず綺麗なままだな、など)楽しみにしています。
我が家では毎年夏を過ぎると、どの写真にしようか、家族内で選定が始まります。
これといった良い写真がない場合は、できるだけ家族の集合写真を意識して撮るようになりました。
通信機能が発達して、手紙のやりとりをする機会も減りましたが、一年に一度のお楽しみとして、年賀状はなくさないでほしいし、なくならないと思います。

年賀状
速報ナビによる恒例お年玉付き年賀はがき当選番号の結果。年賀状の発売日やデザイン、抽選日なども合わせて紹介。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»