手書きから伝わるあたたかみ

年賀状は毎年送りますが、結婚したときは夫婦の写真を載せていましたが、こどもが産まれてからは、子供たちの写真を載せるようになりました。
みんな子供の写真を載せて送ってくるのですが、中には必ず家族みんなが写っているものを載せる人もいます。

その人に久しぶりに会っときに、いつも家族の写真を必ず載せて楽しそうよねと話をしていると、みんな子供の写真を載せるけど、子供のことより、友達のことの方が気になるよねと言われました。

たしかに、普段会わないから手紙や年賀状を出すのだから、自分のことも載せないといけないと感じました。
最近は色んな写真やデザインがあるけど、そこに少しでも手書きの文字があると違うよねっていう話がありました。

お年玉ではほとんど当たったことは無いのですが、あるとしたらいつも切手シートです。
家電とかもあるので、当たったらいいなとは思うけど、結局当たらないので、最近では見るのも忘れてしまうほどです。

仕事関係の方からも年賀状をいただくことがありますが、お年玉付きでなかったら、ちょっとがっかりします。

結果を見ないのにです。

不思議なもので、自分はせこいなって感じます。

普段は当たらないので、少しでも当たると嬉しいのですが、切手シートは使い道があまり無いので嬉しくないです。
それよりも少額でいいから商品券とか、割引券といったものの方が嬉しい。

当たらないと分かっていても、もしかしたらって思ってしまいのはみんな同じでしょう。

かもめ~る
メールで済ませるのも何となく気が引けるなら「かもめ~る」を使ったごあいさつ用ハガキを届けよう。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»