文字の温かみが伝えられること

年賀状が、何故か同一人物から同じ日に二枚送られてきたことがあります。
後日分かったのは、どうやらパソコンの年賀状ソフトの調子が悪く、プリントしたにも関わらずプリントしていないことになった宛名が複数あり、それに該当していた人には二枚年賀状が送られてしまったとのこと。

驚いたのは、手書きの一言メッセージが、二枚で全く異なっていたこと。
普段からあまりマメなタイプの人ではなったのに、私との前年の思い出を振り返らないと書けない内容がそれぞれ書かれており、一枚一枚しっかり考えて書いてくれたのかと思うと、なんだか嬉しくなったことを覚えています。

そんな気持ちもあって、本人に問うことはしなかったところ、後日事実がわかった本人から謝罪の連絡があったのも良い思い出です。

子供の頃、年賀状のお年玉抽選で一度だけふるさと小包に当選したことがあります。
毎年毎年切手シートばかりだったので、幼心に感激し、未だに良い思い出となっています。
その後、年々年賀状を出す枚数も貰う枚数も減り、今では親戚以外はSNS上での新年の挨拶となりました。

今年のお正月、昨年結婚した職場の先輩から、結婚報告を兼ねた年賀状が届きました。
後日、久しぶりにお年玉抽選の結果を確認したところ、切手シートが当たっていました。
久しぶりに貰った年賀状で当選したことにも驚きましたが、何よりも今は昔みたいに当たらないという周りの声をちらほら聞き、さらに驚きました。

どんな形であれ、何かが当たるということは人を幸せにするのだなと思いました。

お年玉付き年賀はがき引き換え期限切れ確認
お年玉付き年賀はがきの当せん番号案内。抽せん会場より実況中継して確定直後に情報をアップ。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»