手書きの手紙やハガキ

最近は、めっきりと見かけなくなった手書きの手紙やはがき。

つい便利なので、パソコンのソフトで済ませてしまいますが、せいぜい、気持ちは手書きのつもりで作っています。

さて毎年、暑中見舞いを送ろうと思ってはいますが、時期を逃したり、文面がわからなかったり、果ては時期も不明で出しそびれるしまうことが何度もありました。
暑中見舞いを送る時期を調べてみると、意外に短いもので、梅雨明けから立秋である8月7日頃が一般的だそうですね。

出し忘れたならば、残暑見舞いに切り替えると事なきを得ます。
最近の夏は、猛暑で何もかもが億劫になりますが、そのような時こそ、夏バテを気遣って大切な人を元気づけてあげることで、さわやかな気持ちになるものです。

次は書き方です。
冒頭に「残暑お見舞い申し上げます」と記します。
暑中見舞いと同じなのですが、コレと言った書き方の形式やマナーは無いようです。

相手次第ですが、友人・知人と職場の上司や恩師が同じ文面では、やはり失礼になります。
言葉には気をつけたいものですから、下書きは十分にした方が良いでしょうね。

良く使われる文言も調べてみると、良い文例が見つかりますので、参考にすると良いですね。

参考文例です。

残暑お見舞い申し上げます。
立秋とはいえ、連日の厳しい暑さに参っておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

その他にも、暑中見舞いや残暑見舞いに使えるキーワードは、実は身近に転がったりしています。
変に格好つけるより、素直に書いてみるのが一番伝わるのではないでしょうか。
文面に取り入れてみましょう。

文面が思いつかない場合は、挿絵を書いたりすることで、カバーできます。
が、絵も難しいとなると、やはりはがき作成ソフトに絵は助けてもらって、文面は直筆が丁度よいかもしれませんね。

残暑見舞いはかもめ~るで送ろう
メールで済ませるのも何となく気が引けるなら「かもめ~る」を使ったごあいさつ用ハガキを届けよう。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«