手書きの文が読めること

昨年私は結婚しましたが、10年近く会ってない遠くの友人にCメールでそれを知らせました。
返事がなかったので、もしかしたら電話番号を変えてしまってるのかもしれないと思いました。

今年のお正月に実家に何枚か年賀状が届いてました。
その内の一枚が、先程の友人のものでした。驚いたのは、4人の子供の写真が貼られていたことです。

3人いたのは知ってたけれど、いつの間にか4人目が誕生してたとは、と私はしみじみしました。そして、結婚おめでとうとメッセージが書かれていて、あの時送ったメールは届いてたんだとホッとしました。

この年賀状のおかげで、私たちは新たな関係を築くことができます。今度は便箋で友人に返事をするつもりです。

年賀状のくじの景品であったらいいな、と思うものをこれから挙げてみます。

少し恥ずかしいですが、自分の顔が切手になったら面白いと思います。背景も大きさも金額も自分で決めてみたいです。くじの景品にしては、大掛かりですが一生の記念になります。

以前、私は正岡子規の切手を購入したことがあります。野球のユニフォーム姿の子規と蒸気機関車のコンビが素敵な切手でした。

私は昨年から松山市民になったので、松山城や道後温泉などをバックにした切手を作ってみたいです。大きさは通常のものより2倍くらいで、金額は私がよく使う120円に設定したいです。

そして、松山のおみやげを同封した手紙に貼って、県外に住む友人のところに送れたらいいですね。それか、宝物として何十年もとっておくのもいいかもしれません。

お年玉付き年賀はがき 平成30年
お年玉付き年賀はがきの当せん番号案内。抽せん会場より実況中継して確定直後に情報をアップ。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»