感謝の気持ちを中心に書きます

ハガキのクジには最初から期待はしていないので、結構見忘れているときが多いです。時間的に沢山書くのはできないこと、そして最近はハガキ派とメール派に分かれますから、数自体が少ないので、恥ずかしながら当選番号を見たことがありません。
年賀状のほうが数が多く来るので一応みるかな。便利なところとしては、大体青系の色を使って作ってあるので、最初から涼しげな雰囲気があります。雰囲気作りが難しい時や時間がない時に、少しでも涼んで、という気持ちが相手に伝わるかもしれないです。
そして私は根っからの紙媒体が好きな人間なので、毎年発売されるときにどんなデザインがでるのか楽しみです。休みの日には時間を作って郵便局の本局までいって実物をみて選びます。インターネットでも一応全部見るのですが、やはり手に取ってハガキの実物を確かめたくて。質感や色などはどうしても実物、という自分の考え方があるのです。不便な点は、一応書き損じを考慮して、多めに買うこともあるのですが、あまり懸賞とかが流行っていない昨今、どうしても無駄になってしまいやすいです。年賀状のように、手数料をかければ切手に換えるなど方法はあるのかもしれませんが、私は面倒くさがりなのでなかなかそんなことをできずにいます。

お年玉付き年賀はがき
お年玉付き年賀はがきの当せん番号案内。抽せん会場より実況中継して確定直後に情報をアップ。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»