家族が増えた時に年齢や報告の意味も込めて

最近では、FacebookやインスタなどのSNSで毎日のことや出来事を見て相手の近況を知ることができますが、年賀状は年に一度面倒くさいなぁと思いながらも子どもが出来て家族が増えて行くと毎年どんなデザインにしようとか、どんな写真を入れようとか考えるのが楽しみになってきました。結婚前から元々年賀状を書くのは好きでしたが、子どもができてからは色んな表情を入れたくて泣いた顔も笑った顔も怒った顔も全部入れて飾りを入れて手作りしたこともありました。
手作り感があると、温もりがあってほっこりします。また、子どもが増えて仕事しながらで忙しかった時は日本郵便のデザインキットを使って、スマホでサクサク作った年もありました。
それから、毎年子どもにも年賀状を作れるように用意しています。
1番上の子は一歳の時から、親戚にあてて2~3枚程作っています。野菜スタンプをしたり好きなシールを貼ったり、送る人の顔を書いたりして毎年子どもとどんな年賀状を作るか考えるのも恒例になってきました。今年は酉年だったので2番目の子も加わって手形を取りくちばしや目を書いて鳥をデザインしました。また、上の子は字もかけるようになったので、しっかり宛名も書いたし挨拶文も自分で書きました。親戚に子どもの成長を写真以外でも感じてもらえると思います。

暑中見舞いはかもめ~る(かもめーる)
かもめ~る抽選リアルタイム速報
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/kamo-mail.html

«
»