干支にちなんだ仮装写真の年賀状が印象的

周囲に既婚者が増えてきたこともあり、年賀状のやり取りが増えました。と同時に期待するのは「お年玉クジ」の当選結果です。お年玉切手でも当たると嬉しいものです。小学生の頃には当たりを見つけると大はしゃぎしていた記憶があります。しかし近年、年賀状をもらう機会は増えたのに、お年玉切手さえ当たらない年が続いています。「お年玉切手は必ず1枚は当たるもの」という印象がなぜか頭にある私は、軒並み外れるお年玉クジに少々残念な気持ちを抱いています。当選数が減ったのかな?という気持ちにさえなってしまう今日この頃です。
当たらない年が続いているのに、毎年「今年こそ当たっているかもしれない」という希望を持って一枚一枚年賀状を確認しています。チェックしながら惜しい番号を見つけると「○○ちゃんが出した人、当たってる人いるな」と勝手に推測したり、「自分が出した人の中に当たりはいたかな?」と送った年賀状に思いを巡らせることもあります。
誰もが楽しめる「お年玉クジ」だからこそ、自分が送る時には必ずクジ付きの年賀状を送るようにしています。これからも変わらず、お年玉クジ年賀状が続いてほしいと思います。
そして、昔から変わらない当選番号を確認する風習を、これからも大事にしていきたいと思います。

«
»