当選番号に惜しかった時

スクラッチで5000円を当てたり、ロト6で、似たような数字を買った結果とても当選番号に惜しかった時はとても美味しい思いをしました。ロト6などはある程度数字を絞ってまとめて買うと、面白いですね。失敗と言えば、よくやらかすのが、忙しくて当選番号を確かめずに捨ててしまうこと。

些細なことですけど、どうせ当たってないだろうと思って破いてから、「あ、これ見てないやつだ」って気付いて慌ててくじを見直して…時々千円当たってたりとかすると失敗したなぁって思います。武勇伝と言えば一度、当選番号がかなり近い時があって、意気揚々と宝くじを換金に行ったら、見ていたのが一つ前の当選回で、当選金額ゼロ円でハズレですねって言われた時は恥ずかしかったです。

無理だとは思うんですけど、できるだけ使わずに、いくらの金額が当たったとしても今まで通りの生活を送りたいなって思います。貯金して、何か必要になった時(例えば急な病気、入院、手術や子供のためなど)には何もケチらずに使っていきたいなぁと。

お金がたくさん手に入って、そのお金に溺れて正常な視界が見えなくなるのは嫌だなと思います…でも実際に当たったらやはり無理なのでしょうけれど、でもお金が手に入る前の自分をわすれたくないし、お金で変わってしまうような人になりたくないっていうのが本音です。

なのでたくさん貯金して、時々贅沢な食事や旅行などする以外は、当たったとしても本当に普通な平凡で定年まで働いて、年金をもらえるような暮らしを送りたいです。

»