棚から牡丹餅の当選談話

一つ目は、知り合いの話ですが、競馬で5000万円を手にした方がいます。お父様の世代から田舎で小さな電気屋さんを経営されていましたが、今では家を建て、ゴルフ三昧の日々を送っているそうです。

二つ目は、私がパチンコ店でアルバイトをしていたときの話です。
とてもパチンコ好きな方で、毎日来店されていました。
トラックの運転手さんをされていたそうなんですが、配達の途中にパチンコ店に寄り道をしては、今日は全財産を持ってきたのに負けたと怒って暴れて帰って行くという感じでした。

その後、見かけなくなったと思っていたら、トラックを運転中に横転事故を起こし亡くなられていました。
あとから知った話ですが、実は多額の借金を抱えていて、金もない、もう死ぬしかないと周りに言われていたそうです。
そのとき、私はギャンブルは一つの命を奪う、とても怖いものだと思いました。
余談ですが、そのパチンコ店の男性お手洗いには、閉店前にその方の霊が出るそうです。

まず、整形します。全身です。
顔はバレないくらいで整形しますが、体型はガッツリ、モデルさんみたいになります。
次に欲しい物を全て惜しみなく買います。
欲しい物とは、車や家を建てたり、夢である託児所を開業します。

一番は、少し高級なラブホテルを建てます。
というのは、私が住んでいる場所がとても田舎で、することが無いのか、ラブホテルの需要がとても高いです。花火大会や夏祭りの際は、どこのラブホテルも満室なのはもちろん、平日の夜さえ満室なときがあります。

ラブホテルを経営すると儲かりそうなので建てます。
あとは海外旅行に行きまくって、いろんな国を巡りたいですね。
それらが終われば、豪遊することに飽きてくるような気がします。
人間って、一つの欲求が満たされれば、また次の欲求が生まれますね。

«
»