知人の子供の写真10年間続くと感激

お年玉くじは切手シート以外当たった事がないのでまたかあーと思いながら郵便局に交換に行ってます。
しかし面倒だと思う事が毎年で、なぜならハガキをファイルに綴じてから数日後だからです。
でも切手は結構使うので嬉しい!

数年前勤めてた職場でのことですが、義理年賀状ってどうなのかと思う?それは年が明けてすぐに会う同僚達との年賀状のやり取りです。
事前に住所録が配られ慣例ともいえる状況如何なものかと思ったことがありました。

時代の流れで今は、ほとんどパソコンで宛名も挨拶文もといった年賀状が来ます。間違いのない字体で印字され郵便局の方も楽かと思います。しかし、少しあじけないようにも思います。時間短縮、いま風、なのかもしれませんね。
間違った名前の打ち込みなのか、訂正もせず毎年送って来られる年賀状はちょっと不愉快に思いますね。

私は、宛名を万年筆で書きます。
自分の住所と挨拶文は印刷、全員に一言を手書きで書いて出します。
なぜ宛名を手書きにしているか?
それは歳の離れた尊敬する方から毛筆で書いた年賀状を頂き、毎年嬉しくおもっている事と、自慢話のようですが、万年筆は息子が初給料でプレゼントしてくれからです。
年賀状はこの万年筆で書き一年の挨拶状としたいとおもっています。
懐かしい人や親しい人との繋がり!
大事な一通かもしれませんね。

お年玉付き年賀はがき発売日
お年玉付き年賀はがきの当せん番号案内。抽せん会場より実況中継して確定直後に情報をアップ。
www.jabezadvisory.com/takarakuji/kuji/newyearscard.html

«
»